東アジア公共人類学懇談会

東アジア公共人類学懇談会の様子

近年、東アジア間の移動の増加に伴い、観光地、職場、地域コミュニティにおけるトラブルがしきりにニュースで報道されるようになっている。だが、こうした葛藤や事件の多くが、東アジア各国/地域における社会・文化システムの違いに起因していることは、あまり注目されていない。本懇談会は、こうした社会・文化的な摩擦について、人類学内外の対話を従事する、公共人類学の立場から取り組むことを目的とする。

代表者の氏名・所属機関・連絡先メールアドレス
氏名:河合洋尚
所属機関:国立民族学博物館
メールアドレス:kawaihironao(a)idc.minpaku.ac.jp  

© 東アジア公共人類学懇談会